振袖無料カタログ資料請求 お問い合わせ ご来店のご予約

着物辞書

着物用語集

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行

あ行

秋野鹿文(あきのしかもん)

特に有名な物に「春日山蒔絵硯箱」と言う室町後期の硯箱にこの文様が描かれております。
秋草が咲き乱れ3匹の鹿が描かれ、この形式のまま現代でも留袖、帯等に描かれている自然風景文様です。

秋草文(あきくさもん)

奈良時代よりある文様。最も古い文様である。
この奈良時代の文様は唐に強い影響を与えられ、平安時代になって日本独自の文様に変化した。
特に桃山時代に入ると絵画的になり、現代の文様に近づき秋草文様に変化してくる。
現在友禅文様に広く使われている。

青木間道(あおきかんどう)

名物裂の1種。豊臣秀吉の臣青木紀伊守一矩が愛蔵していたと伝わっている縞(しま)ものの事。
桃山時代に渡来した裂であり、たての縞だが比較的細い縞で藍の濃淡や黄茶の濃淡で織り出される。

葵文(あおいもん)

着物や帯などに使われる文様。
葵の種類は非常に多いが、文様になるのは、主に「二葉葵」の葉である。
徳川家の「三つ葉葵」はとても有名。
また葵と唐草を組み合わせた「葵唐草」などの葵を使った模様、紋章が帯に多く使われている。

雨コート(あまこーと)

雨コート(あまコート)とは、防水加工が施された和装用の長コートの事で、雨の日の外出時に着用します。
雨コートには、地紋のある繻子織(しゅすおり)の縞(しま)や無地、夏物には紋紗(もんしゃ)などが用いられます。
また、着尺地に撥水加工をしたものを用いる場合もあります。
最近は二部式のコートにして、着物の裾をたくし上げて、着用する方も多い様です。

洗い張り(あらいはり)

着物をほどいて反物状態に戻し(端縫い)、生地を洗う事。
丸洗いよりも、ほどいて洗う為、汚れなども落ちやすいが、再度仕立代、胴裏、八掛等の裏物を交換が必要になる事が有ります。寸法を大幅に変える場合に、譲り受けた着物などの仕立て直しに必要となります。

合着(あいぎ)

冬物と夏物の中間の時期に着るきもの。

揚げ(あげ)

長めに仕立てた子供のきものを、実際の寸法に合わせて背丈や裄丈を調整するための、摘み縫いの部分をいう。
肩の部分にある揚げを肩揚げ、腰の部分にある揚げを腰揚げという。

後染め(あとぞめ)

織り上がった白生地に後から染加工すること。

袷(あわせ)

裏をつけて縫い合わすきもののことをいう。
裏には胴裏と八掛(裾まわし)をつける。

アンサンブル(あんさんぶる)

きものと羽織を同じ布地や柄で仕立てるもの。

行灯袴(あんどんばかま)

袴の一種で、マチのない袴のこと。
マチのある馬乗り袴に対する言葉。
筒型の形が行灯に似ているところから、この名前がある。

石崖小紋(いしがけこもん)

石崖の文様を細かく染め模様にした小紋。江戸小紋の柄の一つです。

居敷当て(いしきあて)

居敷当て(いしきあて)とは、単(ひとえ)の着物や長襦袢のお尻の部分に補強の目的であらかじめ裏から縫い付けておく布のことを言います。
人が座ったときに床につく部分、又はその座を古語で居敷き(いしき)と言っていたことからの名前です。
大きさは様々ですが、並幅でお尻の部分の45cmくらいに付けたものや広幅で腰揚げから裾に向かって60cmくらい付けたりします。
共布や胴裏、晒(さらし)木綿、新モス、羽二重(はぶたえ)など表地に適したものを選びます。

色無地(いろむじ)

黒地以外の色で一色で染められた着物の事です。
色無地は紋の数で格式が変わり「街着」から「第一礼装」迄幅広く着用出来る着物になります。
一つ紋で縫い紋を入れれば正装になり、訪問着と同格で着用できます。
三つ紋を付けると略礼装となり、五つ紋を入れると第一礼装の黒留と同格で着用出来ます。
近年では幅広い場所、場面で着用出来る着物が重宝ですから、縫い紋 一つを背に入れ用意する事をお勧め致します。

糸錦(いとにしき)

糸錦とは帯を作る時に、縦糸、横糸、柄の糸、全て糸で構成する帯の事を糸錦の帯と言う。
帯はある意味、美術工芸品なので、色々様々な技法が用いられるが、糸以外の付帯加工を施す場合も多い。
糸錦はその中でもシンプルな帯が多い。

色留(いろとめ)

色留袖は未婚、既婚に関わらず略礼装(第一礼装に準ずる格式)で、紋の数によって、様々な格式で着用出来ます。
5つ染抜き 略礼装、(第一礼装に準ずる)、3つ染抜き 略礼装、及び正装、1つ染抜き 正装と…言う様に 自由に選べます。
最近では5つにすると、黒留袖に準ずる、お式の様な格の高い場所にしか着用する事が出来ない為に、3つ、1つが一般的と言えるでしょう。
皇室では黒では無く、色留を着用していたので、戦後、民間でも着用する様になった着物です。

衣桁(いこう)

きものを掛ける和風の家具。
呉服屋の陳列や展示用などに使われる。

色留袖(いろとめそで)

黒地以外の留袖の総称。

色無地(いろむじ)

黒以外の色の一色無地染のきもの。

色紋付(いろもんつき)

一・三・五つ紋などの家紋を付けた、色無地のきもののこと。

祝い着(いわいぎ)

赤ちゃんのお宮参りの時、着用するきもの。

上田紬(うえだつむぎ)

信州(長野県)上田市の周辺で千曲川沿いの小県(ちいさがた)、更級地方一帯で製造している紬の事。
元々この地方は養蚕地帯で、冬の農閑期に農家の副業として行われて来ました。
上田で取引されいた為に、この名前がついた。
趣のある色合いの縞や格子の柄が主になって風合いがとても良い紬です。

馬乗り袴(うまのりばかま)

馬に乗る時に便利なように仕立ててある袴。
マチの有る袴。

裏打ち(うらうち)

布地の裏に布を張り付けること。
絞り染の場合は絞りがのびないように、裏に羽二重を縫い付ける。

裏衿(うらえり)

広衿仕立てのとき、衿の裏面に付ける布。

裏地(うらじ)

衣服の裏に付ける布の総称。

上前(うわまえ)

きものを着て前を合わせた時に、上になる部分。

江戸小紋(えどこもん)

江戸小紋は未婚、既婚に関わらず街着、おしゃれ着として着用。
しかし縫紋を1つ背中に入れる事によって『正装』になり、色無地と同格になります。
小さな紋様が規則正しく配列されている型を置き、のりを置いて(塗り込む)いきます。
江戸小紋は一色染で染めていきます。
染めた反物を洗うと、のりの下は染まらないので小さな紋様が浮かび上がります。
型は柿渋で固めた和紙をきり彫りで作ります。
柄の細かさ、複雑さが美しい着物です。

江戸褄模様(えどづまもよう)

きものの模様付けの一種で、紋付裾模様のこと。
現在は、留袖の同意語として使われている。

絵羽模様(えばもよう)

模様がきもの全体に絵画的に展開されたもの。
白生地のまま裁断して仮縫いしたものに、絵画のように模様を描く。

衣紋(えもん)

きものの衿を胸で合わせる部分や、衿の首の後ろで抜く部分をいう。

衣紋掛(えもんかけ)

和服用のハンガー。

衿(えり)

きものの首のまわりを囲み、前胸元で交差する細長い部分のこと。

衿芯(えりしん)

衿の中に縫い込んで型が崩れないように、芯として入れる布のこと。

大島紬(おおしまつむぎ)

鹿児島県奄美大島の名瀬市周辺が産地の、絹平織の高級着尺地のこと。

お太鼓(おたいこ)

普通の帯結びで結び上げたとき、背中に出る部分。

お太鼓柄(おたいこがら)

帯の模様づけの一種で、背のお太鼓の部分と前胴の部分だけに、模様をつけた帯柄のこと。

帯(おび)

きものの胴部に巻きつけるものの総称。

帯揚げ(おびあげ)

帯結びに用いる小物で、女帯を結ぶときに、帯枕の上にかぶせ、前で帯の上端におさめて飾る小布のこと。

帯板(おびいた)

着付けの小物で、帯を締めるとき胴回りにしわができないように、前に挟む厚いボール紙の板状のもの。

帯〆・帯締め(おびしめ)

女帯がほどけないように、帯の上中央に最後に締める紐。

帯芯(おびしん)

帯の形を保持するために、帯の表側と裏側の間に入れる布のこと。

帯解(おびとき)

子供がはじめて帯を締めるときの祝の儀式。
男児は五歳から九歳、女児は七歳の11月の吉日に行われた。

帯留(おびどめ)

平の帯〆に通す、装飾的な飾り物。

帯枕(おびまくら)

帯を結ぶときに、お太鼓の形を整える小物。

行扇風文(おおぎかぜもん)

半分開いた扇の形を三面、露草状に形体化し風の丸文に散らし文様化した文様。

沢潟紋(おもだかもん)

沼や池等に自生する水草の沢潟と呼ばれるものの事。
「くわい」に似ているところから別名「花ぐわい」とも言われる。
平安時代から使われ、公家の久我家の定紋でした。加賀友禅の文様に良く使われている。

おはしょり

着物を着たとき、帯の下に出ている部分。通常、人差し指一本分が目安です。
ここで着物の長さを調節します。着物の裾の長さを短くすれば、おはしょりは長くなります。

小千谷縮(おじやちぢみ)

江戸時代初期、播州明石から来たといわれている堀次郎将俊が、それまでの越後麻布に改良を加えて完成したのが小千谷縮です。
しぼのある独特の風合いで高い評価を得、昭和30年(西暦1955年)、国の重要無形文化財に指定されています。
その技法を生かして織り始めたという小千谷紬も、昭和50年(西暦1975年)に伝統的工芸品に指定されています。
小千谷縮の材料は苧麻(ちょま)という上質の麻です。これを細かく砕いてつなぎ合わせ、一本の長い糸を作るのです。
準備された経糸(たていと)に、模様付けされた緯糸(よこいと)一本一本柄を合わせながら丹念に織ります。
一尺織るのに900回も手を動かすといいます。
織り上げられた反物は、地を白くするために雪の上でさらされ、完成します。この雪さらしは、小千谷に春を呼ぶ風物詩です

帯(おび)

帯は、既に何万年も前から腰に結ばれた呪術的な紐を始めとし、日本でも西日本から出土する縄文時代の土偶にその姿がある。
帯文化の華麗な開花は中世以降、武士や庶民の生活が豊かになると、ことに袴を着けない人々の腰紐が発達し始めた。
そして、近世近くには専門の織物や帯売りなどもでて、八つ割帯、六つ割帯、組帯などの細い帯が前や横で結ばれる。

か行

加賀紋(かがもん)

友禅染による粋や伊達を目的とする彩色紋。色つき紋ともよばれている。

加賀友禅(かがゆうぜん)

手描友禅の一つで、加賀の金沢でつくられるので、この名がある。

額裏(がくうら)

男物の羽織裏に用いられる、額面のように風景などを染めたり、織り出した羽裏。

角通(かくどうし)

幾何学文様のひとつ。正方形の柄を「角」と呼び、白い角を縦横に正確に連ねた柄を「角通」と呼ぶ。
織り模様、染め模様の両方に見られるが特に江戸小紋の角通しは有名である。

角帯(かくおび)

幅のせまい、かたい男帯の総称。

角袖(かくそで)

丸みのない四角の袖形の、男物のコート。

掛衿(かけえり)

きものの衿の汚れを防ぐために、あらかじめ本衿の上に掛ける衿のこと。

加工着尺(かこうきじゃく)

染加工をした着尺のことで、丸巻きのままの反物を指す。

重ね衿(かさねえり)

重ね仕立てにした衿のこと。今では、後から衿に色々付け替えれるようになった、衿のことを指す。

絣(かすり)

糸の染まった部分と、染まっていない部分とで模様を現す方法。あるいは、その織物のこと。

肩揚げ(かたあげ)

肩山を中心に前身頃から後ろ身頃にかけて縫い摘む揚げのこと。

肩当て(かたあて)

単ものなどの衿肩あたりが弱るのを防ぐために、つける力布のこと。
あるいは、単の羽織やコートの肩裏につける、肩すべりのこと。

肩すべり(かたすべり)

単の羽織やコートの肩の部分に当てる布。

型染(かたぞめ)

型紙を用いて染める方法。

家紋(かもん)

その家の由来を示す紋である。

唐織り(からおり)

艶やかな浮き文様、品格と重量感のある唐織り。
模様を作り出す緯糸を図案の指示によって入れる為の経糸の操作はジャガード機がしています。
地糸は濡らして目のつんだ織りを絵緯と言う。模様を織る糸を20から30の色を使い織り上げます。
濡らした緯糸を織る事で打ち込みの生地が織れ絵模様を織る糸と対比が出来、ふっくらと表現します。
歌舞伎の装束も唐織を使います。

格式(かくしき)

着物の格式は次の様に分類され、それぞれ場面で着用する着物が決まっています。くわしくはこちら
【第一礼装】結婚式・披露宴
【略礼装】パーティー ・叙勲
【正装、盛装】茶席、お見合い、観劇、同窓会、発表会、結納等
【街着、おしゃれ着】お友達と外出、食事会、お正月、等の普段着等です。
しかし、呼ぶ立場、呼ばれる立場によって変わったり同じ着物でも、紋の数や、柄の種類によって変わります。
恥をかかない様に、専門家や目上の人に相談しましょう。

京袋(きょうぶくろ)

通常袋帯は、基本的にフォーマルとしてご利用いただく「二重太鼓」で結べる帯を指しています。
「京袋」は名古屋帯の長さで袋帯の状態に仕立てたものをこう呼びます。
したがって、名古屋帯と同じく丈が短いので、一重太鼓にしか結ぶことが出来ません。
そのため、カジュアル(小紋・紬など)のきものにご利用ください。
京袋比翼仕立て・・・とは、その一重になったお太鼓が脇から見ると、まるで二重になっている様に仕立てる事を言います。
「京袋」は名古屋帯の代わりに小紋や紬の着物にご利用頂けますので、TPOに応じて帯の種類を使い分けてみてください。
ご着用のバリエーションが増えて、コーディネートがより楽しくなります。
「小紋」と「名古屋帯」で気軽な装いの時に…

京小紋(きょうこもん)

京小紋は未婚、既婚に関わらず街着、おしゃれ着として着用。
紋様が規則正しく配列されている型を置き、型によって色を決めて、それぞれの色の型を使って多色で重ねて染めていきます。
京小紋は一方方向に下から上に反物のまま染めていくので、前と後ろでは肩を境に柄が逆になります。

生糸(きいと)

蚕のつくった繭から採った繊維で、未精錬の絹糸のこと。

着尺(きじゃく)

きものを仕立てるための一枚分の布地。
普通、幅37センチ・長さ12.5メートルを一反として織り上げたもの。

着丈(きたけ)

身丈と間違いやすい。
着丈は肩から裾まで。
おはしょりは作れません。
長襦袢や男物の着物等が着丈になります。

着付け(きつけ)

きものを身に着つけること。

着流し(きながし)

男性の羽織や袴をつけない姿をいう。

絹(きぬ)

蚕のつくる繭から採取した繊維、およびその織物。

九寸帯(きゅうすんおび)

帯幅が鯨尺で九寸(34センチ)、長さが一丈三寸(3メートル90センチ)くらいの、女性の帯地の総称。

京友禅(きょうゆうぜん)

京都で生産される友禅染のこと。

裂(きれ)

織物や反物の断片。

金糸(きんし)

金箔や金色の金属箔を、絹糸や綿糸に巻きつけた糸のこと。また、金箔を細く切断して絹糸などに撚り合わせた糸もこれに含まれる。

巾着(きんちゃく)

口もとに紐を通して縫い絞った形の袋物。

吉祥文様(きっしょうもんよう)

もともと奈良時代の貴族の装束に用いられた有職文様の中から、縁起がよくめでたい文様を特に吉祥文様としたものです。
松竹梅、鶴、熨斗、宝尽くしなど、喜びの心を表すので、祝い事や慶事などに最適です。

黒留袖(くろとめそで)

地色が黒地の留袖。
黒地に五つ紋を染め抜き、裾模様柄である。江戸褄ともいう。

繰り越し(くりこし)

くりこしとは和服の衿を抜いた(繰った)ように着るため、衿肩開きを肩山より後ろ身頃側へずらす事、またはその寸法を言います。
その寸法は通常には5分とされていますが、振袖などの礼装用の着物は普段着より多めにしたり、着物の格や着方、好みで5分~8分の間で加減します。
また紬などの織りの着物は5分、染めの着物は7分など着物によって繰越しを変える方もあります。
着物は誂えですから、くりこしも自分の体形に合った寸法をちゃんと選びましょう。
衿元、胸元が綺麗に出来るのも繰り越しが関係します。
繰越し 標準寸法 5分(約2センチ)

組帯(くみおび)

古代からの技法、組によるモダンで格調の有る帯。
組み物の布は経糸だけをほぼ45度の角度で左右から組み合わせて織り上げる帯です。
組紐を帯にした物です。

黒共帯(くろともおび)

喪服用の女帯。ほとんどが名古屋帯である。

黒紋付(くろもんつき)

黒無地に紋のついた、きものや羽織のこと。
男子の黒地五つ紋付のきものに羽織 袴は、第一礼装である。

元禄袖(げんろくそで)

袖の袂の丸みを大きくした袖形のこと。

源氏香(げんじこう)

香合わせの「符号」を模様にしたもの。正方形を縦に5本区切り、上部を離したり、つなげたりした抽象的な文様。

交織(こうしょく)

絹と木綿、絹と化学繊維などを混ぜて織るもの。

石持(こくもち)

紋を後から入れられるように、丸い紋の形を白抜きにして、染め残したものをいう。

腰揚げ(こしあげ)

きものの丈を腰のところで縫い摘んで調整し、着丈を合わせること。

腰紐(こしひも)

きものを着るとき形を整え着くずれしないように、あるいは お端折りをつくるために結ぶ、幅のせまい紐のこと。

コハゼ(こはぜ)

足袋・脚袢などの合わせ目を留めるのに用いる爪型金具。

小袋帯(こぶくろおび)

半幅の袋帯のこと。
普通の帯幅は、鯨尺で八寸(約30センチ)であるが、半幅帯は四寸(約15センチ)である。

駒絽(こまろ)

駒撚り糸をもちいて、絽組織に織った夏物のことです。

子持ち縞(こもちじま)

やや太い縞柄のそばに細い縞を配した縞柄のことです。

小紋(こもん)

小紋は未婚、既婚に関わらず街着、おしゃれ着として着用。
現在では、文様の大小にかかわらず、型染め着尺地を総称していう。
同じ柄の配列ですから、型を作り、型染で染めていきます。
反物のまま型を置きながら染めるので、下から上に一方方向に柄が染まるので、着物に仕上がると、前と後ろでは肩を境に上下逆になります。
小紋には『江戸小紋』と『京小紋、友禅小紋』が有ります。
それぞれ違う着物と言って良いでしょう。

さ行

鮫小紋(さめこもん)

江戸小紋の柄のひとつで、今日では良く使われる小紋柄である。
半円形状の連続模様で、その様子がサメの皮の肌に似ている事からこの名がついたと言われている。

更紗(さらさ)

主に木綿地に染められ、室町時代に日本にインド・ジャワ等から伝来した柄。
文様は草花、樹木、鳥獣、稀に幾何学紋などがある。
現代では帯に着物に使われている。

三階松(さんがいまつ)

松の枝葉が茂ったものを3重に重ねた文様。松はおめでたい柄、格式の高い柄。
留袖から振袖、袋帯、綴帯等に用いられる。

沙綾形(さやがた)

幾何学模様の1種。卍字を繋ぎ、連続模様にしたもので、着物、帯、長襦袢、半衿等、あらゆる衣装に用いられる。
他にたたみの縁などにも使われている。

佐賀錦(さがにしき)

江戸時代に佐賀藩で織られていた、手織りの錦織。

先染め(さきぞめ)

織物を織る前に原料糸を、精練・染色してから織ること。あるいは、その織物のこと。

鮫小紋(さめこもん)

江戸小紋柄の一つで、鮫のうろこのように、いちめん小さな点で染め抜きした小紋。

更紗(さらさ)

南蛮から渡来した模様染めの綿布で、草花模様や幾何学模様を、総柄で捺染したものの総称。

塩沢紬(しおざわつむぎ)

新潟県塩沢町付近で生産されている御召風の紬。

塩瀬(しおぜ)

塩瀬羽二重の略で、厚地の羽二重のことである。

扱(しごき)

扱帯の略で、一幅の布を並幅のまま、縫わずにしごいて締めるのでこの名がある。
江戸時代には抱え帯といい、お端折を止めるために腰に締めていたが、明治以降は腰紐が用いられるようになり、扱は装飾用に変わった。
現在は、花嫁衣裳や七五三の女児の祝い着に用いる。

仕付け(しつけ)

本縫いでなく、縫い目や折り目を固定するために、仮にとじたり押さえ縫いをしておくこと。

シボ(しぼ)

強撚糸を用いた、織物の布面に現れた、波状のしわのこと。
しぼは、強撚糸の収縮を利用して、製織後にしぼ寄せをすることによってできる。

絞り染(しぼりぞめ)

布の一部を糸でくくったり、縫い締めたり、板ではさんだりして防染して染液に浸すと、その部分だけが染まらないので模様として現れる染色技法。

七宝紋(しっぽうもん)

幾何模様の一つで「輪違い繋ぎ紋」とも呼ばれる。
七宝は金、銀、瑠璃、瑪瑠、真珠、白珊瑚、水晶の事。

縞(しま)

線で構成する模様の総称。

地紋(じもん)

紋綸子・紋羽二重・紋縮緬などの、紋織物で織り出された模様のこと。

紗(しゃ)

緯糸一本打ち込むごとに、二本の経糸を交差させた織物である。
盛夏用の着尺地・羽尺地として、用いられる。

襦袢(じゅばん)

和服用の下着。長襦袢・半襦袢・肌襦袢などがある。

正絹(しょうけん)

まじりけのない絹糸、またはその絹糸で織った織物。

正倉院文様(しょうそういんもんよう)

東大寺に奉献された聖武天皇の遺愛品を保存する為に、奈良時代に建てられた宝物殿です。
その中に収められた織物や工芸品に用いられた文様を正倉院文様と呼び文様の中では一番古く、格式の高い柄とされています。

上布(じょうふ)

麻織物の名称。上等の布の意がある。
主に夏季用の着尺地として用いられている。
絹糸でまねて織ったものを、絹上布とよんでいる。

白生地(しろきじ)

染色加工をしない、白地のままの織物。

裾回し(すそまわし)

袷長着の裾裏布のこと。八掛ともいう。

裾よけ(すそよけ)

腰に巻きつけてまとう、いちばん下に着る下着。腰巻ともいう。

全通(ぜんつう)

帯の柄付けの一種で、帯の端から端まで表面全体に、模様が織り出されている。

青海波(せいかいは)

数百の同心円を魚のうろこ状に何層にも重ね、波に見立てた文様で亀甲文と同じ有職文様の代表的なものです。
舞楽の「青海波」の衣装に用いられてるところから、この名前で呼ばれています。

総柄(そうがら)

生地全体に模様をおり、または染め出されている柄付けのこと。

総絞り(そうしぼり)

絞りだけで模様を現したもの。

袖(そで)

きものの身頃の左右にあり、そこに通した両袖を覆う部分の名称。

袖丈(そでたけ)

袖の長さのこと。袖山から袖下までの長さをいう。

染帯(そめおび)

先染の帯に対して、後染の帯のことをいう。

染替(そめかえ)

着古して色が退色したもの、好みや年齢に合わなくなったものを、再利用するために、別の色や柄に染め替えること。
染め直しと同じ。

染着尺(そめきじゃく)

織った後に色や模様を染めた着尺地のこと。

た行

橘(たちばな)

植物文様の1つ。織り文様、友禅文様、紋等に用いられる。

伊達衿(だてえり)

きものの二枚重ねを略して、衿の見える部分だけ二枚重ねて、あたかも二枚重ねて着ているように見せるために用いた衿のこと。重ね衿ともいう。

伊達〆(だてじめ)

きものを着るときに着くずれを防ぐために、長襦袢などの上に締めるもの。

足袋(たび)

足を覆い包む和装小物。靴下のようなもの。

反物(たんもの)

大人用の和服一着分の用布を一反というが、この一反に仕上げてある布のこと。

注染(ちゅうせん)

染料を注ぎながら、同時に水を注ぎいれ、色柄の濃度や、位置を加減する熟練の技。
生地を蛇腹状に折りたたみ染める事から、「型つぎ」と言う味のある濃淡が出るのが特徴の、浴衣の代表的な技法。

縮緬(ちりめん)

緯糸に縮緬緯といわれる強撚糸を用いて、これを右撚りと左撚りの交互に織り込み、製織後に温湯の中で揉みながら糊を抜くと、
撚りが戻ろうとする力が発生して、右撚りの糸は左、左撚りの糸は右に分かれて、表面にしぼが現れる布のこと。

蝶散文(ちょうちらしもん)

動物模様のひとつで、各種の蝶を自由な構成で散らして、動きのある模様にしたもの。

槌文(つちもん)

器物模様の一つで七福神の大黒天の持ち物と言う事で縁起物とされている。
家紋として、着物、帯の柄として使われている。

付け比翼(つけひよく)

比翼仕立てを簡略化したもの。
二枚重ねの下着のまわりの部分だけをつくり、きものの裏に縫いつけ、見た目には二枚重ねのようにしたもの。
現在の黒留袖は、ほとんどがこの方法を用いている。

綴織(つづれおり)

図案を織機の経糸の下に置き、図案通りに彩色の緯糸を、一本一本織り込んでいく技法である。綴ともいう。

綴(つづれ)

綴れ織りとは、柄に使われる糸が、帯の端から端に通してありません。
帯の裏側を見ると「わたり」と言いますが、たわんだ、柄の糸が全くありません。
つまり、柄の部分は柄のところだけ、縦糸に横糸を絡ませて織り込みます。
綴れ帯は表、裏、両方とも使えます。
表が汚れたら、裏を出して使えば使えますので長く使える一生物の帯です。

附下(つけさげ)

格式は、街着、おしゃれ着。
肩を中心にして前後の柄が肩に向かって分かれている。
つまり前後の柄がちゃんと上を向いていると云う事。
見た目は『訪問着』に似ているが、附下は仕立て前は反物で、反物のまま、柄を描くので柄がちゃんと合い難い。
八掛は別生地が付く。
近頃は訪問着に似ていて、価格が訪問着より安いと言う事で、紋を入れて結婚式等に出席して良いです…と 説明される呉服店もありますが、本来は結婚式には着てはいけません。
また、訪問着です、と言って、お勧めされる場合も多いですが、訪問着で有れば必ず!生地の長さが四丈有って、八掛の部分も表生地と全く同じ物になります。
違う生地が付いている場合は訪問着では無く、附下です。
附下の生地の長さは三丈ですから!基本を知った上で選びましょう。

紬(つむぎ)

奄美大島の『大島紬』、茨城県結城の『結城紬』、山形の『紅花紬』、岐阜の『郡上紬』全国各地に良い紬は沢山有ります。
紬は『固い着物』『先染の着物』等と呼びます。
『先染』とは、糸を色々な色に染めて、その色糸を紡いで柄を作るため『先染の着物』と言います。
反対に白生地に後から染めて作る訪問着、附下、等は『後染の着物』と呼びます。
紬はどんなに良い物でも、街着、おしゃれ着です。

手織(ており)

動力を用いた織機ではなく、手織機を用いて手と足の力だけで布を織ること。
または、織り上がった布のこと。

手描染(てがきぞめ)

筆や刷毛を用いて、染料で直接布地に絵模様を描いて染めつける方法。

胴裏(どううら)

袷のきものの八掛の部分を除いた、胴の裏部分のことをいう。

留袖(とめそで)

留袖は既婚者の第一礼装(格式)で、お式の様な様々な格の高い場所に着用するお着物です。
新郎新婦のお母様、御親戚、仲人様が着用されます。
家紋は石持(5つ)入れ、嫁ぐ前に御用意される場合は生家の紋で構いません。
未婚の女性は、振袖に代表される様に袖の長い着物を着ていました。
既婚者になったら、その長い袖(ふり)を、留(と)める…事から『留袖』と呼ばれる様になったと言われています。
昔は袖の長さで、未婚、既婚が一目で判ったんですね。

な行

長板染め(ながいたぞめ)

江戸時代の技法で板に白生地を張り、模様の型紙を置いて上から糊を塗り、型紙の模様通りに糊を白生地に付着させる。
その上で染をして、糊の部分は染まらないと言う染め方。

名古屋帯(なごやおび)

女帯で、総丈約三メートルほどの帯。バリエーションが多く、お洒落着に最適な帯。
織の名古屋帯は袋帯のような精緻な織りの重厚さを持ちながら、一重太鼓である結びやすさをもった帯。
染の名古屋帯は塩瀬や縮緬、紬織り地に季節感のある思いのままの模様を描いたお洒落心あふれる帯です。

長襦袢(ながじゅばん)

上半身だけの半襦袢に対して、裾まである襦袢のこと。

二重太鼓(にじゅうだいこ)

丸帯や袋帯を結ぶときに用いる代表的な帯結び。
お太鼓の部分だけが二重になる結び方。
主に礼装用にしめる。

縫い取り(ぬいとり)

織物の模様を現す場合に、柄を現すために地の糸と別に織り込む緯糸を、幅全体に通さずに、必要な部分だけ通して模様をおること。
一見刺繍したような感じの模様になる。

縫い紋(ぬいもん)

紋の種類も「石持」「染め抜き」「縫い紋」「刺繍紋」等、格式、着物の種類によって様々有りますが、縫い紋は背中に一つ入れ、幅ひろい格式で使用できます。
「石持」「染め抜き」等は格式が高い着物に多く使います。
紋の使い方は着物の種類、TPOによって色々有りますので入れ方を間違えると着用機会が制限されるのでご注意下さい。

熨斗文(のしもん)

熨斗とは、あわびを薄く、そいで引き伸ばしたもので、祝い事のお供え物として、現在でも結納時に取り交わす縁起物のひとつです。
その熨斗をひもに見立てた文様を、熨斗文と呼びます。

は行

端縫い(はぬい)

着物を解いて、解いた生地を元の反物状態に縫い合わせる事を端縫いと呼びます。
洗い張りをして、何年も着用しないのであれば、次回仕立てる迄、保管して置くのには、その状態が適しています。

博多織り(はかたおり)

浮き織りの技法を用いて文様を織り出す。
浮き織りは文様部分の経糸と緯糸を地部分から浮かして織り出すので立体感の有る物になります。
また経糸より太い緯糸で強く打ち込むので、張りが有り地厚で締め心地が良く、締め緩みの無い帯が出来ます。
きゅっきゅっと絹鳴りがする気持ち良い帯です。

羽裏(はうら)

袷羽織・袷コートの裏地に用いる布地のこと。

羽織(はおり)

和装用上着。きものの上に着る丈の短い衣。

羽織紐(はおりひも)

羽織の胸あたりにつける紐。

袴(はかま)

腰から足までをおおう、ゆったりした衣。

羽尺(はじゃく)

羽織用に織った反物のこと。

肌襦袢(はだじゅばん)

長襦袢の下に着用し、肌の汚れや汗を取るための和装用下着。

八掛(はっかけ)

袷のきものの裾や袖口の裏につける布地。裾まわしともいう。

八寸名古屋帯(はっすんなごやおび)

幅八寸(約30センチ)に製織し、縫製しないで結びの部分のみ折り返してかがった、厚地織の帯。

羽二重(はぶたえ)

経緯ともに撚っていない生糸などを使用した、平織の後練織物のこと。

半衿(はんえり)

長襦袢の本衿の汚れを防ぐために掛ける衿のこと。

半襦袢(はんじゅばん)

長襦袢の上半分に相当する、体の上半分に着用するもの。

半天(はんてん)

きものの上に防寒、あるいは職業を表すために着る上着。

半幅帯(はんはばおび)

並幅の半分の幅(14~15センチくらい)の帯。

疋・匹(ひき)

布の単位で、並幅物の反物二反分の長さを一疋という。

単(ひとえ )

袷に対する語で、裏をつけず単仕立てにした衣類の総称。

単仕立て(ひとえじたて)

裏をつけずに仕立てる方法。夏のきものやウールは単仕立てにする。

一つ身(ひとつみ)

産着から、一・二歳の幼児用のきものの総称。
後ろ身幅を並幅一幅で仕立て、後ろ中央に背縫いがないのでこの名がある。

一つ紋(ひとつもん)

きものや羽織の背に一つだけつける紋のことで、背紋ともよばれる。

被布(ひふ)

半コートのような外衣。
衿肩に丸い小衿を、上下の前身頃に竪衿をつけ、留め具に房のついた飾り紐がついている。

比翼仕立て(ひよくじたて)

きものの衿・裾・袖口・振りなどに、下着の布を重ねて縫いつけ、二枚重ねを着たように見せる仕立て方。

平絽(ひらろ)

絽織で、からみ織り以外の部分を、平織で織ったもの。

曳船文(ひきふねもん)

風景文様の一つです。
船に網をつけ川べりを引いていく光景を文様に描いたもの。
附け下げ、訪問着、帯などに使われています。

広衿(ひろえり)

女性の着物の衿の種類のひとつ。普通の衿巾の2倍に仕立て、着用するときに自由におって調節できる。着崩れしにくい。
その他「バチ衿」「棒衿」等が有り、着物の種類によって変わる。

引箔(ひきばく)

引箔(ひきばく)とは帯を作る時に、縦糸は絹糸を張り、横糸には金箔を織り込む。
みつまた和紙に漆を塗り、その上に薄い箔を張る。
箔は金、銀、色箔、焼き箔等、色々な模様になる様に作る。
その箔を張った和紙を細く切り分け、縦糸の絹糸に一本一本織り込んで帯にする。
縦糸は絹糸、横糸は箔を張った和紙、これを引箔の帯と言う。
引箔(ひきばく)の帯は、当然、きつい折り目を付けてしまうと取れなくなってしまいます。
扱いに注意して、大事に使えば、軽くて、しなやかな帯として使い易いです。
良い物は大事に使って下さい。

袋帯(ふくろおび)

女帯の一種で、袋のように両方の縁をふさぎ、帯幅に織り上げた帯のこと。

袋名古屋帯(ふくろなごやおび)

芯無しでかがるだけの気軽に楽しめる帯。
袋帯の仕立の簡単さと名古屋帯の結びやすさと両方の長所を兼ね備えた帯。
袋名古屋帯のほとんどは織り帯で、染の着物、織りの着物ともによく合うカジュアルで重宝な帯です。
また綴れ織りの袋名古屋帯は、セミフォーマルにも結べるので用途が広がります。

袋帯(ふくろおび)

女帯の一種で、袋のように両方の縁をふさぎ、帯幅に織り上げた帯のこと。
利用範囲が広く、ポピュラーなフォーマル帯。
歴史的には丸帯の方が古いのですが、表だけに柄を出し、裏は無地なので丸帯より軽くて結びやすい。

振袖(ふりそで)

未婚女性の第一礼装が振袖になります。
袖の長さが「大振袖」約125cm「中振袖」約113㎝~114cm「小振袖」約76㎝~87cmと分かれ、成人式、結婚式、パーティ、謝恩会等に着用出来ます。

風通織(ふうつうおり)

風通織。二重織りの中のひとつの呼び名。
表と裏に異なった色糸を使い、紋様の部分で表裏の糸が交差し、反対の紋様が出る。糸が交差する以外は袋状になっている。

兵児帯(へこおび)

男性や子供が用いる扱帯のこと。
並幅の用布をそのまましごいて胴のまわりに二回まわし、後ろで花結びにする。

本裁ち(ほんだち)

着尺地一反全部を使って大人用きものを一枚仕立てる裁ち方のこと。

訪問着(ほうもんぎ)

訪問着は未婚・既婚を問わずに着用出来ます。
格式は正装になり、お正月のご訪問、観劇、同窓会、入学式、卒業式、お茶会、お友達の結婚式等、幅広く着用出来る便利な着物です。
本来「紋」はつけない着物ですが、近年は色留をお持ちにならない方が増えたので色留のシーンにも活用できる様にと、背中に縫い紋一つは入れる様に変わってきました。
生地の長さは四丈有り、八掛も共生地で付けられます。
染め方も、白生地の染めていない時から、着物の形に裁断して、柄を染めるので、附下と違い、柄が流れる様に描かれます。

牡丹紋(ぼたんもん)

植物文様の1つ。牡丹は中国で「花王」と呼ばれていて、高貴な貴族の象徴とされ、奈良時代に日本に伝わったと言われ、平安時代に多く観賞された。
その時代に文様として色々な表現方法で、文様として確立され始めた。牡丹を用いた文様は多種多様にある。

解き(ほどき)

着物を解く(ほどく)とは、縫ってある糸を切っていきまして、糸を抜、袖をはずす。
裏地と表地にばらす。襟を取り、裏地と表地をばらします。
この様に進めていき、生地を傷めないで元の反物の状態に戻す事を解き(ほどき)と言います。

ま行

丸帯(まるおび)

巾が広く表裏ともに柄。格調豊かで豪華な帯結びに最も格式が高い帯で、花嫁衣裳や留袖など第一礼装に用いられます。
重いことや、高価なところから、今ではあまり製作されなくなった。

丸洗い(まるあらい)

丸洗いは、部分的な汚れを落とす事では無く、着物を丸ごと、洗う事を言います。ひどい部分的な汚れで無い場合はこの方法が良いでしょう。

道行(みちゆき)

防寒・防雨・防汚用として外出の際に用いる、和装用コート。

三つ身(みつみ)

三歳から五歳くらいまでの幼児向きの裁ち方。一般には一反で二枚裁ちにする。

宮古上布(みやこじょうふ)

経糸(たていと)、緯糸(よこいと)共に苧麻手紡ぎ糸を用いた、沖縄の宮古島で織られる麻の着物。
現在では非常に珍しい着物です。

身八ツ口(みやつぐち)

着物の袖の付け根部分の下に開いている部分を言います。
その部分から重なった下の部分(衿やおはしょり)等を綺麗に整える時に使います。

身丈(みたけ)

着物の背中の縫い目を直線に上から下に、測った長さを『身丈』と呼びます。
この身丈がほぼ身長の長さが無いと、その着物は短くて着用する事が、難しくなります。
頭の先から肩迄の長さが、お腹の辺りに、折り返して収まり『おはしょり』になります。
身丈が短いと、おはしょりの作れない着物になってしまいます。

無地(むじ)

文様がない一色染めのこと。

綿麻(めんあさ)

綿と麻の繊維で織り上げたさらりとした風合いの生地。
さわやかでシャリ感の有る肌触りが夏には最適。
初夏から初秋迄着回せる用途の広い貴重な素材。

綿絽(めんろ)

素材が綿で「絽」織りの生地。涼しげな夏を代表するゆかた素材です。

喪服(もふく)

喪服は、未婚・既婚を問わずに着用できる喪の第一礼装となります。
誰もが着用したくは無い着物ですが、お祝い事と違い、待った無しで時間が無い状態で着用する事がほとんどなので、小物から一式、まとめて用意しておく事をお勧め致します。

紋付(もんつき)

紋をつけた、礼装用として用いられるきものや羽織のこと。

や行

友禅染め(ゆうぜんぞめ)

友禅とは300年程昔、京都の扇画師だった宮崎友禅斉によって確立され、扇面に描いた絵を着物に描いて、京文化を取り入れ、金箔、銀箔などを用い、華やかに描いた着物を「京友禅」と呼んだ。
晩年、石川県金沢に移り住んだ、宮崎友禅斎は、加賀百万石、前田藩の武家社会にあわせ、金箔、銀箔、刺繍の類を一切つけず、金沢の御国染である「梅染め」を進化させた「加賀友禅」を完成させたと言われている。
後に江戸時代文化・文政(1800年代前半)の頃には江戸でも盛んになったと言われている。

裄(ゆき)

肩巾と袖巾を合わせた部分を言います。裄を計る時は、首の頚椎から手首迄。
手を真横から45度下げたところで計って下さい。街着はその寸法で良いですが、礼服はプラス5分しましょう。
礼服は長めで優雅にしましょう。

友禅小紋(ゆうぜんこもん)

友禅小紋は未婚、既婚に関わらず 街着、おしゃれ着として着用。
紋様が規則正しく配列されている型を置き、型によって色を決めて、それぞれの色の型を使って多色で重ねて染めていきます。
友禅小紋は一方方向に下から上に反物のまま染めていくので、前と後ろでは肩を境に柄が逆になります。

湯通し(ゆどおし)

織物を温湯の中に通して、製織中についた糊を取り除くとともに、布地に光沢とやわらかさを与えるための工程。

湯のし(ゆのし)

布地をやわらかくするためや、しわやちじ縮を伸ばし、布幅を一定にそろえるために、布地を蒸気の中にくぐらせる工程。

四つ身(よつみ)

三歳から九歳ぐらいの子供用のきものの仕立て方。
身丈の四倍の布地で、身頃を裁つことからいわれる。

ら行

羅(ら)

羅(ら)とは、薄物(うすもの)や薄絹(うすぎぬ)ともよばれる絹織物のひとつです。
羅は有職織物の一つで、平安京への遷都以前にすでに織られていた歴史ある織物。
羅という言葉は、鳥網を意味しており、外観からもわかるように織物という表現より編物に近いざっくりとした風合いが特徴。

螺鈿(らでん)

あわび、夜光貝、蝶貝などの貝を加工した物。
昔は、金、銀、と同様に価値のある物でした。手紙を入れる「文箱」や箪笥の模様、武家の奥様が持つ「小刀」に家紋を!螺鈿細工で加工した物が有りました。
その螺鈿を西陣の技で、貝を薄く削りだし、和紙などに張り合わせ、模様を作っていきます。
その張り合わせた貝を横に裁断し、模様を合わせながら縦糸に一本一本織り込んで作っていきます。
金銀とは違い、間接照明等が当たると、自然な輝きが増し、格の高さだけでは無く、上品な華やかさが増します。

綸子(りんず)

繻子組織で布の表面に模様を現した、紋織物。経糸で地を、緯糸で地紋を織り出したもの。

絽(ろ)

独特の透き間のある夏用の生地。

六通(ろくつう)

女帯の柄付のことで、六尺通して模様をつけた帯のこと。

わ行

割付模様(わりつけもよう)

割付模様とは、一個の文様を規則的に繰り返して配置した文様の構成法の事で、縦や横に割る事の出来る模様です。
分かりやすく端正な図柄が特徴で雲取りや裂取りなどの中にもよく用いられ、錦織や絣織物、染物などに昔から使われています。
▼割付模様の種類…麻の葉、鱗、石畳、網目、立涌(たてわく)、七宝など

若松文(わかまつもん)

冬でも瑞々しい緑の葉をつける松は、昔から生命力と長寿を表す、めでたい樹木として、日本人の生活の中でも尊ばれてきた。
中でも若い松の芽は若々しさをイメージし、新春の喜びや成人式等の慶事に良く用いられる文様です。

Return Top