振袖無料カタログ資料請求 お問い合わせ ご来店のご予約

着物辞書

振袖の起源から見る振袖の袖が長い理由

毎年成人式では多くの女性が振袖をレンタルや購入をして着用し新成人への一歩を踏み出します。
結婚式にお呼ばれして、着て行くという方もいらっしゃいますね。
皆さんそういう風習だからと着用している振袖ですが、そもそも振袖の袖はなぜそれほど長いのでしょうか。振袖の袖が長い理由とその由来を考えてみましょう。

振袖の起源は?

振袖の原型は飛鳥時代にはすでにうまれており、さらにさかのぼると縄文時代の貫頭衣(かんとうい)にまでたどり着きます。
現在の振袖に近い形に変化したのは江戸時代だと言われています。
振袖はもともと、若い女性や元服(成人)前の男の子が着用していて、大人になると袖を短くし、振りを縫うのが慣わしでした。
明治以降に、振袖は未婚女性の第一正装として定着しました。
袖丈の長さが115cm以上の大振袖、95~115cmくらいの中振袖、85~95cmくらいの小振袖があり、女性の身長が伸びたことから現在では振袖といえば大振袖を指すようになっています。

古来義行われていた儀式≪魂振り≫

振袖の由来を探る上で、魂振りというワードが重要になります。古来より袖を振るという行為により空気を揺るがすことによって、神を呼び起こし、魂を奮い立たせようとする儀式があり、振ることで神の御加護による安寧を祈ったり、厄を払うと考えられていました。
神に仕える女性は長い布や袖を振り魂振りを行っていました。この魂振りは神に対してのみ行われていたのですが、次第に人に対しても行われるようになりました。代表的なものとして、出かける人を見送る時に「行ってらっしゃい」と手を振って見送る行為です。また、若い女性たちの中では意中の人を振り向かせるため、心を通わせるため袖を振って祈ったのです。そのことからご利益をより高めるために袖が長くなっていったと考えられています。
振袖の袖が長いもう1つの理由としては、女性らしい身振りを美しくするためや、お洒落を競っているうちに長くなっていったというものがあります。いつの時代の女性もお洒落に気を配っていたんですね。

振袖のシーンに応じた種類と理由

結婚式では花嫁が独身最後の記念として振袖を着ることがありますが、既婚者になるとその袖を短くした留袖を着るようになります。振袖には袖を振って良縁を願う意味がありますが、留袖には夫ひとりに思いを留めるという意味があると言われています。
結婚式で花嫁が着るのは大振袖です。最近は振袖のレンタルをして成人式でも大振袖を着るのが一般的となりました。中振袖はおよばれした結婚式に出席する時など正式な儀式の場で着用します。小振袖はパーティーなど気軽に礼装を楽しみたい時に着用します。

最後にみやたけ工房では古来より愛されてきたワンランク上の古典柄振袖をご用意しております。
ご購入でもレンタルでも成人式や結婚式などの人生の門出となる日に素敵な振袖を着ることにより身を清め幸せを願いましょう。

Return Top