振袖無料カタログ資料請求 お問い合わせ ご来店のご予約

振袖購入

翠山工房「桐屋」ご紹介

幻の染に魅せられ、多彩なボカシ染めに手描き友禅、手絞りを駆使した「夢幻辻が花」。
辻が花にこだわり続ける「桐屋」の「翠山工房オリジナル 夢幻辻が花」のすべてに迫ってみました。

文・山本博美 みやたけ工房 代表取締役

桐屋
こちらが桐屋の入口。とても雰囲気のある立派な建物です。

「幻の技法を今に受け継ぐ」

桐屋は江戸時代、寛永年間の創業である新潟県十日町市にある着物製造メーカーで「辻が花」を創作している工房です。
明治時代に五代目久平が工房を開く際、十日町地方の山々が翠濃く、水清くして美しい景観から雅号を「翠山」とし、創作の場を「翠山工房」と命名しました。
現当主の田村憲一で九代目を数え大変歴史のある着物製造メーカーです。
元々は織物業でしたが、昭和に入り染めへと転換し、昭和50年代に「辻が花」と出会い、それから40年ちかく「辻が花」を創作し続けています。
桐屋ではデザイン・染め・絞り等の全行程を自社で行い、職人一人一人がよりよい商品に仕上げたいという気持ちを込めてモノづくりをしています。
桐屋桐屋
手描きの下絵が完成したら、パソコンに取り込み色の選色や原寸大へと広げていきます。
桐屋
図案の型紙を作るため、それぞれ型の違う緑、青、赤に色分けを行います。
桐屋では、型紙も自社に制作しています。(ほとんどが外注に出す。)

桐屋
どの角度から見ても綺麗なように色、ぼかしの形などを決定していきます。

「染めぼかしの技術は一級品」

桐屋
型を使い柄の部分を糊で伏せているところ。
桐屋
同じように見える色でも、染め上がると色の違いが歴然。引き染めの工程はわずかな職人らが精魂込めて制作しています。
桐屋
引き染めが仕上がった状態です。これから柄に色を挿していきます。
桐屋

「繊細な色づかいと技!」

桐屋
生命線とされる辻が花の輪郭に描かれる「炭ぼかし」は、とても細かい技となります!
桐屋桐屋
桐屋では、引き染めの時に1回、柄に色を挿してから2回目、絞りで3回目と蒸しを行います。
そうすることで、堅牢度が高くなり色落ちもすることがありません。

「独自の絞り加工」

桐屋
絞り方も大帽子、小帽子、スジ絞りなど5種類の形状で絞りを行っています。
生命線である辻が花の花は、輪郭を縫ってから絞るという丁寧な技法で行っている。

桐屋
桐屋九代目の田村憲一氏より、直々にすべての工程をご説明いただきました。
幻想的な「辻が花」の魅力を今後もたくさんの皆様にお伝えさせていただきたいと思います。
桐屋

Return Top