振袖無料カタログ資料請求 お問い合わせ ご来店のご予約

振袖購入

総絞り 振袖

総絞り振袖のイメージ
奈良時代から中世まではあまり注目を集めませんでしたが、室町時代から安土桃山時代にかけて徐々にクローズアップされてきました。
江戸時代の絞り染めは、大まかに高級絞り「京鹿の子」と、庶民的な「地方絞り」に分類され、 京鹿の子は京都で作られる絹に絞った精緻な「疋田鹿の子絞り」の総称で、布に凹凸を残すことで手仕事であることを表し付加価値を持たせています。
地方絞りは木綿布を藍染めにする庶民的な絞り染めで、豊後(現在の大分県)の豊後絞りや尾張(現在の愛知県)の有松・鳴海絞り等がこれに当たります。
江戸時代の後期から明治にかけては、日本各地に絞りの産地が起こりますが、徐々に衰退し 現在では絞り染めの大きな産地は京と有松・鳴海のみとなっています。
様々な問題を抱えている中、国外などへの販路の拡大や、 新しい素材を使った絞り製品の開発などの振興のための取り組みも行われています。
また、二大産地以外でも小規模ながら現在でも岩手県の南部茜・紫根絞、福岡県の博多絞りや、秋田県の浅舞絞、 新潟県の白根絞り、大分県の豊後絞り、熊本県の高瀬絞など各地で絞り染めが行われています。

※掲載商品以外にも、店頭では様々な振袖を取り扱っておりますので、ご希望の色や雰囲気などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

新着総絞り振袖

総絞り-花藤文様

総絞り刺繍-久保耕OR

総絞り-桜と源氏香文様

総絞り-熨斗文様

絞り-桶染古典絞り文様

絞り-慶長絞り文様

絞り-朱赤 慶長文様

絞り-滝泰謹製 熨斗文様

総絞りを着用されたお客様方

総絞000
総絞001
総絞002
総絞003
総絞004
総絞005
総絞006
総絞007
総絞008
総絞009
総絞010
総絞011
Return Top