振袖無料カタログ資料請求 お問い合わせ ご来店のご予約

振袖一覧

古典柄 振袖

古典柄振袖のイメージ
本格的な手描き友禅の場合、完成までに26もの工程を踏む大変手間のかかるもの。
ツユクサの花弁から抽出した「青花」と呼ばれる色素で柄の部分に下絵を描き、輪郭を墨で描く要領で細い筒に入った 防染剤を生地に載せていきます。
かつては、モチ米とヌカで作った糊を使っていたが現在はゴム糊なども使い、又「青花」も化学合成で作られたタイプもあります。
次に、フノリの煮汁等を使い防染の糊を生地になじませる地入れを行い乾燥させ、 引き切り・ボカシなど糊以外の部分の染色を行い、乾燥後に「蒸し」と呼ばれる高温の水蒸気で染料を布地に固着させます。
そして防染の糊を水で洗い流し、乾燥後、絵柄の部分に色を手描きで挿す。(手描き友禅)
防染の糊そのものに染料を混ぜて布地に着色する工法もあります。
【特徴】
京友禅の色彩は、柔らかい色調を好み、何色が基調になっているのか判別しにくいほどの多彩な色を使っていながら、配色に神経が使われ上品で華やかである。
文様は、古風な有職模様や琳派模様など高度に様式化された文様を得意とし、刺繍や金箔などを効果的に使った装飾を積極的に併用する。

十日町「吉澤織物」ご紹介

※掲載商品以外にも、店頭では様々な振袖を取り扱っておりますので、ご希望の色や雰囲気などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

新着古典柄振袖

束ね熨斗文様

染分け四季花文様

雲取りに四季花文様

四季花熨斗文様

幔幕に牡丹文様

橘文様

紅型文様

松竹梅文様

貝桶文様

菊熨斗文様

しだれ四季花丸文様

几帳に葵文様

熨斗に鞠文様

貝桶に雲取り文様

几帳に御所車文様

御所車文様

雲取りに四季花文様

雲取りに貝桶文様

四季花文様

流水に貝桶文様

雲取りに鞠文様

松に宝尽くし文様

雲取りに天井文様

楓に扇面文様

几帳に御所車文様

古典柄振袖を着用されたお客様方

古典柄000
古典柄001
古典柄002
古典柄003
古典柄004
古典柄005
古典柄006
古典柄007
古典柄008
古典柄009
古典柄010
古典柄011
古典柄012
古典柄013
古典柄014
古典柄015
古典柄016
古典柄017
古典柄018
古典柄019
古典柄020
古典柄021
古典柄022
古典柄023
古典柄024
古典柄025
古典柄026
古典柄027
古典柄028
古典柄029
古典柄030
古典柄031
古典柄032
古典柄033
古典柄034
古典柄035
Return Top