振袖無料カタログ資料請求 お問い合わせ ご来店のご予約

振袖一覧

加賀友禅 振袖

加賀友禅振袖のイメージ
加賀友禅(かがゆうぜん)は、国の指定伝統工芸品で、京友禅の創始者宮崎友禅斎が、金沢に移住した後、気候風土に合わせて改良確立した染物の技法とその作品である。
金沢市内を流れる浅野川では、工程の最後の方に余分な糊や染料を洗い流す友禅流しが見られることがある。
【特徴】
加賀友禅の色彩は、加賀五彩(臙脂、黄土、古代紫、草緑、藍)特に紅色や紫、緑などの深みがあって豪奢な色調が基調となり、優雅で艶やか。
有名な文様に草、花、鳥等の絵画調の物が多く、「虫食い」などに代表される写実的な表現を得意とする。ほかの技法との併用はほとんどない。
【希少性】
近年制作されている加賀友禅(本加賀)は、年間で50点ほどしか生産されておらず、そのほとんどが受注生産(県内にて消費される)のものとなります。
ですので石川県以外に流通している加賀友禅は、年間ごくわずかしかございません。

※掲載商品以外にも、店頭では様々な振袖を取り扱っておりますので、ご希望の色や雰囲気などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

新着総絞り振袖

本加賀-飛翔熨斗文様

本加賀-春寿文様

加賀友禅振袖を着用されたお客様方

※掲載準備中につきしばらくお待ちください。

Return Top