振袖無料カタログ資料請求 お問い合わせ ご来店のご予約

振袖のレンタルをする時に注意したいポイント!

「成人式に着用する振袖をレンタルしたいけど、できるだけ安く借りたい!
でも着物の良し悪しやトラブルが気になる!」という方へ。
成人式で振袖をレンタルする時に注意したいポイントをご紹介します。

振袖のレンタルをする時に注意したいポイントをご紹介

振袖レンタルの相場はいくら?

振袖をレンタルするといっても、ピンからキリまで価格の差はたくさんあります。
一番安いものだとポリエステル素材でプレタレンタル(仕立て上がり)の振袖が、3万ぐらいから借りれたり、正絹のプレタレンタル(仕立て上がり)の振袖が、5万ぐらいから高いものだと25万ぐらいまであります。
また、オーダーレンタルといって、新品をレンタルするとなると20万ぐらいから35万ぐらいまでかかってしまいます。

百貨店や専門店の中には、特選品のレンタルを取扱っているところもありますが、レンタルで利用するとしても50万ほどかかるものもあります。

単純に相場と言っても、ものすごく差がありますよね?
どうしてこんなに差があるのでしょう。

レンタル振袖の価格の差って何が違うの?

基本的には、オーダーレンタルが一番高いのですが、翌年以降は各サイズに振り分けられて、プレタレンタルになります。
レンタルの振袖は、何回か貸して減価償却していくため、レンタルの使用頻度に合わせて価格が安くなっていくという風に考えれば一番簡単かもしれません。
ですので、貸し出しが2回のレンタル振袖と5回目のレンタル振袖とでは、貸出の多いほうが価格が安いということです。

また、元々の振袖の品質によっても価格が異なります。
ポリエステルの振袖は、一番安いのですが品質はやはり正絹のものと比べると良くありません。
同じ正絹の振袖でも、インクジェット、型友禅、手描き友禅など技法によりランクが異なります。

よく「着物の値段ってわからないですよね?」と言われる方がおられますが、「あの振袖なんか高そう~!」「あの振袖ペラペラやね~安そう!」など、見た目は正直で、高そうに見えるものは価格も高いですし、その逆もやはりそのとおりです。

人気のある振袖は大きく分けて5つ

成人式に着ていく振袖の中には、いろいろなタイプのものがあります。
成人式では、自分の個性に合うものを選ばれたり、伝統的な着物を選ばれたり、一生に一度の記念の日なので思い切ったデザインを選ぶ人もたくさんいますね。
ここでは人気のある振り袖を5つのジャンルにわけてご紹介します。

今風モダンな現代調の振袖

今風モダンな現代調の振袖

モダンテイストが混ざった新古典の振袖

モダンテイストが混ざった新古典の振袖

古き良き伝統的な古典柄の振袖

古き良き伝統的な古典柄の振袖

流行感のあるレトロモダン柄の振袖

流行感のあるレトロモダン柄の振袖

超個性的な無地の振袖

超個性的な無地の振袖

振袖を購入するメリット・デメリット

成人式の振袖を購入しようと思ってる!方に、是非読んで頂きたいお話です。

着物を購入するメリット

振袖を購入する一番のメリットは、その振袖が世界中であなたのために仕立てられた一着になるということです。
その優越感は、経験した人にしか味わえない、とても魅力的なものです。
【1】自分の体型にあったサイズで仕立てられているため、着やすくて着姿も美しい
【2】誰も着ていない自分だけの振袖が手に入る
【3】3回着るとレンタルよりもおトク!しかも着たい時に何度でも着られる
【4】妹や従妹など兼用したり着回すことができる。小物を変更してコーディネートを変えるのも◎
【5】将来、仕立て直す事ができ、子や孫の代まで受け継ぐことができる一生もの
以上のようなメリットがあります。

振袖を購入するデメリット

【1】振袖をレンタルするよりも高い
【2】保管場所や、虫干しなどの管理が必要
【3】クリーニングや染み抜きなどのお手入れが必要
【4】選ぶ振袖の柄によっては、デザインが流行おくれになる場合がある
【5】毎回違うタイプの振袖を着ることができない
振袖をレンタルではなく購入する場合は、それぞれを把握した上で選択することが大切かと思います。

振袖をレンタルするメリット・デメリット

成人式の振袖をレンタルしようと思ってる!方に、是非読んで頂きたいお話です。

振袖をレンタルするメリット

【1】クリーニングなどアフターケアが不要で、返却するだけでOK!
【2】保管しておく必要がないので、収納場所も管理がいらない
【3】購入するよりも予算を抑えることができる
【4】毎回違うタイプの振袖を着ることができる

振袖をレンタルするデメリット

【1】レンタルの期間内でしか着られない
【2】身長が高かったり、低い場合は選べる振袖が少ない
【3】振袖を何度も着る場合は、購入より割高になることがある
【4】購入の振袖と比べると高級感がないものがある
【5】レンタル後に気に入ったからといって購入する事ができない

まとめ

振袖をレンタルするといっても、見た目やかかる費用など、様々なケースが考えられます。
それぞれのメリットやデメリットなどをよく考え、より良い選択をして下さい。

大阪・梅田駅からは約17分。京都駅からは約28分。阪急茨木市駅から徒歩1分。

Return Top