振袖無料カタログ資料請求 お問い合わせ ご来店のご予約

ブログ

振袖の古典柄に込められた想い

古典柄の振袖に描かれる古来より伝わる

日本の伝統文様。


柄や模様の一つひとつに意味が込められているのを

ご存知でしょうか?


意味を知れば、振袖選びをもっと楽しんで頂けると思います。


たくさんありますので、今回は人気の『御所車』と『毬(まり)』の

柄についてご紹介したいと思います。


『御所車』

御所車とは、平安時代に天皇や貴族など高貴な人々が宮中の儀式で用いた

牛車(ぎっしゃ)を意匠化したもので、別名「源氏車」とも呼ばれます。


※ 牛さんは省かれて描かれません(笑)


権威を示すように、豪華な装飾が施され華やかさの象徴でした。


当時書かれた源氏物語にも重要な役割を担って、たびたび

登場しています。


やがて、鎌倉時代に入ると貴族社会が衰退し、

御所車は使用されなくなりました。


しかし、御所車が意匠化されたのは「江戸時代」です。


当時、優雅で華麗な平安時代の文化に対する憧れが

高まり、物語性を秘めた文様として人気を集めました。


御所車は、富と華やかさを表現した柄で、

御所車にいっぱいの花を乗せた「花車」は

たくさんの幸せを招きますようにという願いが

込められています。


『花車』




次は、「毬(まり)」の柄についてのご紹介です。

振袖に描かれる毬は、御殿毬(ごてんまり)と呼ばれる毬です。

平安時代、まだ幼いうちにお嫁入りするお姫様を思う御殿女中たちが

嫁ぎ先で一人でも遊べるようにと持たせたのがはじまりです。


着物の糸をほどき、毬に巻いて美しい刺繍を施した事で

遊び道具から装飾品として変化し、日本古来の伝統工芸となりました。


意味は、穏やかで平和な日々を祈る吉祥文様となっています。







とても素敵な意味が込められていると思いませんか?







振袖選びは、古典柄のみやたけ工房へ、ぜひお越しくださいませ。


無料の振袖カタログ請求はこちらから↓

https://miyatakekoubou.com/main/contact/catalog/

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top