ご依頼の別注の総刺繍振袖を制作

今回ご紹介させて頂きますのは、お客様からのご依頼で別注の総刺繍振袖を制作いたしました。

関東にお住いのお客様で、当店のホームページをご覧になられて昨年3月にご来店いただき、

色々とご要望をお聞かせいただいて、ご提案させて頂きました。

まずは、ベースとなる振袖がこちらの「流水に色彩桜」

赤色 総刺繍 振袖 流水に色彩桜

生地は、通常の商品に使用している光沢のある紋綸子ではなく、

フランスの高級ブランド「エルメス」のスカーフの90%に使用されているブラタク糸で
織りあげた駒無地を使用いたしました。

ブラタク糸の絹糸は美しい光沢と強度が有り高品質なものとして世界でも高い評価をされています。

そして今回、一番の課題だったのが、「鳥(川蝉)の柄を入れてほしい」というご要望

どの場所に不自然でなく、どのように入れるのかを考えながら

メーカーとも相談しながら、まずは川蝉の絵図を何点か作ってみました。

飛んでいる川蝉

木に止まっている川蝉

職人にも書いてもらいましたが、飛んでいる川蝉の「C」と枝にとまっている川蝉の「B」は、実は私が描いたもの…。

この5点で、お客様にお選び頂いて、なんとなんと!

「右胸元の木に止まっている鳥 Bがふっくらしててかわいいです。(目もかわいい)

左膝あたり飛んでいる鳥は、Aが躍動感があっていいかなと思います。

目はリアルな感じはでてるけど、ちょっとこわい!?」

というご回答が…。

なるほど、目を一番注意しないと出来上がった時に可愛くないかもということで、

メーカーにも気をつけるように指示をし、

そして一年少し経って、ようやく出来上がってきました。

なかなか、良い感じで出来上がってきたので、ひとまず安心しました。

遠方にお住まいなのでコロナの影響があり、現品をすぐにご覧頂けないのは残念ですが、

お写真をご覧頂き
「すごい!!素敵です。

グリーンとカワセミがどうなるかと思っておりましたが、想像以上です!! 」

とご感想を頂けました。

お喜びいただけて、本当に良かったです。

あともう少しすれば、店頭でご試着していただこうと…。